ニキビ・ニキビ跡

にきび・にきび跡

皮膚科で治療が必要な方

ニキビの治療は、洗顔とスキンケアが基本となります。それで治らない方には、皮膚科の受診をお勧めしています。にきびができやすい人の中でも治療が必要なのは「にきび跡が治りにくい人」です。
にきび跡が3カ月後もずっと残るような人は、古いにきびと新しいにきびが混ざり合って、顔が赤みをおびていきます。皮膚も固くなり、治った跡にクレーターのような瘢痕を残します。
そうならないために、次のニキビを作らない治療が必要です。そのような方に皮膚科の受診をお勧めしています。

できやすいかた

にきびは、毛穴の詰まりが原因で起こります。夏場は、脂が毛孔を塞いでしまう状態。冬場は、汗腺の周りが乾燥して毛孔が閉じてしまいます。肌質が脂性の場合、夏場や、季節の変わり目にニキビができます。逆に乾燥肌の場合、冬場になりやすい傾向があります。

思春期のころは、脂が増え始めるのでニキビができやすくなります。また、20代から30代の方でも、ホルモンバランスやストレスなどが原因で、大人にきびができます。

市場でもスキンケア用品は色々なものがあり、肌質に合わせて選ぶ必要があります。当院では、サンプルを多数ご用意していますので、お気軽にお申し出ください。医療機関限定の機能性化粧品も用意しております。段階やニーズに応じて、お選びいただけます。

予防策

ニキビ予防には、洗顔とスキンケアのほか、夜更かしをしないことや甘いものを控えるなど、生活習慣や食生活の改善がポイントになることがあります。
皮膚の栄養を保つために、彩りのよいバランスのとれた食事を取りましょう。食事で足りない栄養素は、ビタミン剤などでカバーできますのでご相談ください。
入浴の際、シャンプーやコンディショナーが肩や背中に残って、毛穴を詰まらせる可能性があります。シャンプー、コンディショナー、顔、体の順番で、上から順に汚れを落として洗いましょう。

ニキビができたときにやってはいけないこと

自分でいじったり、むやみやたらと潰す行為は厳禁です。かえってニキビ跡を残す原因になるので行わないでください。
ニキビを潰す行為そのものが悪いわけではありません。病院でも膿んでしまっているニキビを潰しますが、適切な処置で、角栓や膿などを取り出します。自分で潰すと表面の皮膚が荒れてしまい、内部の深い部分は残ってしまうことがあります。かえって炎症を広げて大きなにきびになり、それが跡として残ってしまいます。

にきび・にきび跡【クリアタッチS】

治療法

当院で人気のニキビ治療法です。
クリアタッチは、フラッシュライトという光と赤外線効果で、アクネ菌を殺菌したり、脂っぽさを解消する治療器具です。ニキビそのものだけでなく、にきび跡を早く治す効果も期待できます。
副作用としては、少し赤みが出る程度で、1~2時間もすれば、赤みは引いていきます。
週1回の治療で最低10回を目安に行います。
赤みの残ったニキビ跡には薬が効かないので、クリアタッチがおすすめです。
当院ではクリアタッチは、顔に限り保険適用治療です。

治療できる方

小学生から大人の方まで、男女年齢問わず受けられます。日光過敏の方にはご遠慮いただいています。

治療期間

10回をめどに施術を受けていただきます。
1回の治療は大体15分ほどで、週1回ずつ継続することで、より高い効果が生まれます。

痛みについて

多少熱があり、あったかい程度の熱なので、痛みはありません。

にきび跡【自費診療】

治療法

ニキビの治療は、保険診療と自費診療とがあります。
まず、炎症を起こして化膿している(赤ニキビ)は、抗生剤の外用薬やニキビ外用剤(BPO、アダパレンなど)と赤外線治療の(クリアタッチ)で治療を行います。
当院ではクリアタッチは顔面に限り保険治療が可能で、1週間に1回の割合で施術を受けていただきます。
それら通常の保険診療で治りにくいニキビには、ご希望によりENVIRONの機能性化粧品やピーリング、ビタミン導入などのプロフェッショナルケアをお勧めしております。

ニキビに赤みがなくなり瘢痕になったニキビ跡のお悩みには、ピーリングやフラクショナルレーザーをお勧めします。
フラクショナルレーザーによるニキビ跡治療は、深いクレーター状の皮膚をレーザーでなだらかに削っていく治療法です。施術後は、自己治癒力でかさぶたができ、5日後にポロポロとかさぶたが落ちます。効果を得るためには、2ヶ月ごとに最低3回の治療が必要です。

治療期間

ニキビの治療期間には、個人差があります。
大人ニキビの原因は、ストレスであることが多いので、ストレスの対策も必要な場合があります。漢方薬による内因へのアプローチが有効な場合もあります。

治療後の注意点

ピーリングやフラクショナルレーザーの治療後は、大変皮膚が薄い状態なので、肌が乾燥しやすくなります。ですから、保湿を十分に行いましょう。万が一、赤みがなかなか引かなかったり、ただれたりした場合は、早めに診察をうけてください。

ご予約・ご相談はお気軽に

一般皮膚科および美容皮膚科をお探しでしたら広島皮ふ科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0587-24-1412
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから
    24時間受け付けております WEB予約はこちらから