ほくろ治療・ピアス

ほくろ

治療法

ほくろの治療には、二酸化炭素(CO2)レーザーを使用します。
局所麻酔を使用し、レーザーでほくろのある部分を蒸散します。出来上がりは窪んだ状態になりますので、丸く切った肌色テープを張ります。2週間程経過すると、肉芽が盛り上がり、皮膚が元の高さの平らな状態になります。赤みが消えるのには個人差がありますが1〜3カ月、体質によってはその後色素沈着になることがあります。それも時間とともに薄くなります。
まれに再発することがありますが、その場合再度治療を行い、追加料金はいただきません。
レーザー治療には予約は必要ありません。即日に対応させていただきます。ただし、一度にたくさんのホクロを取りたい場合には時間の調整をお願いすることがあります。
なお、ケロイド体質の方は治療をお勧めしません。また局所麻酔のアレルギーの既往がある方は、治療でトラブルが発生する場合があるので、かならずお申し出ください。

治療できる部位

顔面は比較的傷も残らずきれいな仕上がりになりますのでお勧めです。鼻背は傷跡が残ると目立ちやすいので注意が必要です。
体は傷跡が残りやすいため、手術での治療を検討します。
唇のメラノーシスはQスイッチルビーレーザーでの施術が可能です。ただし、テープは貼れないので、ワセリンで代用します。

通常はレーザーで除去するほくろの大きさは、5mmまでをお勧めしております。
6mm以上の大きさになると、保険診療で病理組織検査も行った方が良いため、メスによる手術治療となります。ケースにより治療法が変わる場合がありますので、一度診察を受けていただくことをお勧めします。

痛みについて

局所麻酔が効けば、痛みはほとんどありません。

傷痕について

レーザー(自費診療)と手術治療(保険診療)とでどちらがより傷跡が残らないか、目立たないかをケースバイケースでご説明してご納得いただいた上で治療を行います。傷痕が残る可能性はあります。

ピアス

年齢制限

年齢制限はありません。外国では、「ベビーピアス」として、0歳児にピアスをプレゼントする習慣があります。
しかし、日本では学校がピアスを許可していない場合が多いので、基本的には18歳以上の方が多いです。未成年の方は保護者の同意が必要です。

痛みについて

穴を開けるときに、じーんとした痛みを感じます。ただし、一瞬のことですから心配ありません。

ショップと皮膚科の違い

ショップでの施術は、アフターフォローができないことが一番の問題です。また、スタッフのスキルが未熟な場合もあります。
衛生面や安全面を考慮すると、医療機関で施術を受けることをお勧めします。実際、当院には、ショップで施術して、化膿してしまって来院される方もいらっしゃいます。

ご予約・ご相談はお気軽に

一般皮膚科および美容皮膚科をお探しでしたら広島皮ふ科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0587-24-1412
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから
    24時間受け付けております WEB予約はこちらから
  • LINE受付はこちらから
    LINE受付はこちらから