ブログ

2018-04-18更新

肝斑…

突然ですが、私は今肝斑治療に邁進中。

 

具体的には、

エンビロンのビタミンサプリに加えて、ヒトプラセンタサプリ、トランサミンカプセルの内服

レーザートーニングの治療と

ホームケアではエンビロンのシークエンス④、Aブースト③、Cブースト。

週2でフォーカスケアマスクを使っています。

 

肝斑とは、30〜40台の女性の主に両頬に左右対称に現れる、灰褐色のしみで、

原因としてはホルモンバランスの悪化や、ピル内服、妊娠出産、紫外線による影響が考えられています。

 

今までもあったのが、ここ最近はだんだん範囲も広がって、目の周りがくすんで見える状態になってきたので、治療開始しました。

⬇︎ 治療前

肝斑

 

   ◇ 美肌加工無しで、お見苦しくてすみません。

   ◇日焼け止めとパウダーは付いてますが、肝斑がしっかりとみえていますね。

 

これらの治療は、改善効果が目に見えるまでには相当時間がかかります。

お肌はプリプリ、モチモチしてても、くすみきった肝斑はなかなかとれません。

60台までには消えると言われても、今が大事、笑。

そんなさきの将来まで待てるわけないですnamida

今この瞬間にも肝斑があるってことは、悲しい事実であることに変わりありません。

 

レーザートーニングは5回を1クールで、10回を目標に頑張ります。

お肌から5cmくらい離した位置より、レーザー光を照射しますので、

爪楊枝でツンツンと刺されたかのようなわずかな痛み。痛みに弱い方も施術に十分耐えられると思います。

全体に照射しても10分たらず。

赤みが多少でますが、かさぶたができることもなく、ノーダウンタイムです。

 

レーザー

 

 

それから、日常生活を見直してみます。

 

①紫外線対策  ➡︎OK

②乾燥にたいするスキンケア、決して強くこすらないこと ➡︎OK

③規則正しい生活、良い睡眠  ➡︎NGかなあ

④栄養バランスのよい食事、ビタミンなどの栄養 ➡︎まあまあOK

⑤ホルモン、とくに婦人科系の病気がないかどうかも心配です。

 

そんななか、トランサミンの供給が停止ですと。

いつ復旧できるか見通しが立たない状況で。

今のところは当院でも処方できますが、在庫がなくなり次第処方ができなくなります。

供給がはやく回復してくれることを期待しつつ、トラネキサム酸(トランサミン)に変わる肝斑治療薬がないか、自分の肌(体)で試したいところです。

 

肝斑でお悩みの方、一緒に頑張りましょうね。

ご予約・ご相談はお気軽に

一般皮膚科および美容皮膚科をお探しでしたら広島皮ふ科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0587-24-1412
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから
    24時間受け付けております WEB予約はこちらから
  • LINE受付はこちらから
    LINE受付はこちらから