院長ブログ

2018.01.24更新

今、ちまたでインフルエンザが大流行gan

さらに、一世紀に一度の大寒波がやってきたので、体調を崩す方がますます多くなりそうですね。

毎年寒波とインフルエンザはセットになってますよね。

積雪

  ↑ 今日の娘ちゃんの学校の積雪風景。腰まで積もってるそう!この大雪の影響で今日は休校でしたabon

 

急激な温度変化と気圧の変化に体が順応できずに、喘息やリウマチなど持病の悪化や、頭痛、眠気がひどくなる症状を気象病と言います。

気象病の原因としては、

*気圧が低くなる際に内耳の血流が悪くなり、平衡感覚が乱れる説、

*気象変化のストレスに対して、交感神経が優位になり、脳の血流が悪くなる説、

*ストレスホルモン(コルチゾール)が増えて、全身が浮腫む説

などなど、いろんな説があります。

そして、男子より女子のほうが気象病の傾向が高いらしいですhun

 

気象病になりやすい人は、アレルギーと同様に、体の外からの刺激にカラダが敏感な人だと思います。

鈍感になるように、自分でコントロールすることは難しいけれど、

なるべくいつもの状態の自分で居られるように、衣食住を整えて、疲れや寒気を感じたら、体をあたためて早めに休むことが大切だと思います。

当たり前のことですが、自分の体の声に耳を傾けて、油断せずにお過ごしください。

 


 

先日、長すぎるロールケーキを差し入れしてくださった方より、今度は毎年恒例の節分豆をスタッフの数ぶん(広島眼科と皮膚科あわせた人数分!!)頂戴しました。

お心遣いをありがとうございます。

節分豆

今年もこの節分豆で、しっかり福を呼び込もうnote

 

投稿者: 広島皮ふ科

ご予約・ご相談はお気軽に

一般皮膚科および美容皮膚科をお探しでしたら広島皮ふ科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0587-24-1412
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから
    24時間受け付けております WEB予約はこちらから