院長ブログ

2018.11.12更新

先日、アラガン社のヒアルロン酸のwebセミナーを視ました。

 

ヒアルロン酸は凹みや輪郭の補正に使われ、即時的な効果が非常に強いので、患者さま満足の高い施術の一つです。

治療に使われるヒアルロン酸の持ちも、テクスチャーも年々改良されてますし、

大手企業の取り組みもあり、施術技術の標準治療がある程度確立されてきて、ヒアルロン酸注入に対する意識が、以前に比べて敷居が低くなってきたと思う一方で、

美容治療にはあまり積極的ではない方にとってみると、人工物質であるヒアルロン酸の注入に拒否感をもつこともあり、

人々の中でも、美容治療の意識格差が生まれてきたように思います。

 

私も美容皮膚科の一端を担う立場としては、安全に、自然なリフトアップを求める声に、ヒアルロン酸は十分期待に添える治療法であると、確信していますが、

それぞれの年代にふさわしい、体と顔とが調和して、変に違和感を感じないようにするためには、ボリュームをいれるのは、極力少なめにしたほうがいいと、以前から思っていました。

一部のシワを消すことに躍起になって、ヒアルロン酸をどんどん注入して膨らませた、頬やおでこだけピカピカしたヒアル顔は、やりすぎ感から必死さをかもしだしてしまいます。

そして、そのような有名人をみると、ヒアルロン酸注入は良い治療法なのに、悪い印象しか持てなくなってしまうのがかなしいことです。

 

さて、本題。

今回のセミナーでは、Dr.アーサースイフトは、加齢によるたるみ変化は、顔の骨が痩せて小さくなるほか、顔面の筋肉が筋トレ効果で動きすぎるようになり、皮膚に付着する靭帯が伸び切ってしまうところにも原因があるのだと、解剖学的な解説とともに断言されていました。

そして、顔の筋肉や脂肪、骨をむすぶ靭帯がゆるまないように、適材適所にヒアルロン酸をくさび状に打つことで、しっかりとしたリフトアップ効果が得られるのだそうです!

さらに驚くべきことは、このやり方だと、注入量は2本(2ml)あれば大丈夫だと話されていました。

顔のたるみの予防に、顔の表情筋を鍛えることがたるみにつながる場合があるということに驚きをおぼえただけでなく、少ない注入量でより自然な治療効果が得られるやり方を考案されたことに感動をおぼえました。

 

これ見よがしのヒアル顔を予防すべく、解剖学的に効果のでるリフトアップをマスターできるよう勉強します♪

 

 

投稿者: 広島皮ふ科

2018.11.08更新

有名美容院や百貨店などの販売から人気に火がついた、バイオプログラミングの技術をご存知ですか?

 

以下は、リュミエリーナ社の公式ホームページ、「レプロナイザー」のQ&Aから

 

       バイオプログラミングとは、特定の振動と波長の組み合わせで

       物質が「エネルギーと情報の“場”」をもつようにプログラミングする、

       最先端の独自技術です。

 

       レプロナイザーでは、

       バイオプログラミング技術が施された特殊セラミックスによって、

       髪のタンパク質を取り囲む水和構造が堅固になり、

       熱によるダメージから髪を守るため、長い時間当てても髪は傷みにくくなります。

 

       従来のドライヤーは、熱と電磁波の影響で髪のタンパク質がダメージを受け、

       乾かしているとツヤがなくなり、ざらついた手触りの髪質になっていきます。

       また、イオンドライヤーなどは、空気中の水分を使ってイオンを発生させ、

       髪に水分を補う仕組みのため、髪は一時的には潤いますが、

       効果は限定的なものと考えられます。

       一方、レプロナイザーは髪や頭皮にあるタンパク質構造の水和構造に

       直接働きかけるため、使えば使うほど、髪自体が持つ本来の美しさへと導きます。

 

 

薬や化粧品のような、生化学的な有効成分による細胞補修ではなく、

光や波長といった、物理的なテクノロジーで、生体の細胞に働きかけるもの、というイメージでしょうか?

 

このバイオプログラミングが、頭皮のケア製品、お肌のケア製品にも応用されて、今年の春頃、より進化した製品が発売されました。

 

遅ればせながら、リュミエリーナ社さんとの販売店契約をいただくことになり、

当院でも、9月よりレプロナイザー(ドライヤー)やヘアビューロン(ヘアアイロン)をはじめとした美容機器とヘアケア、スキンケア製品を扱っています。

 

どれも素晴らしい製品なのですが、中でもとくにおすすめなのが、レプロナイザー。

レプロナイザー

今年の年末には、より進化した4D搭載の最新機種が発売されるそうです。

3Dと4Dの違いは、“場”の密度。

髪を乾かすためにドライヤーを当てれば当てるほどに髪にツヤが増すとは、不思議な効能ですよね。

髪を乾かすだけで、風が当たる髪や頭皮、顔のお肌にも良い影響があるそうで。

毎日のケアで嬉しいおまけが付いてくる美容機器です。

 

次にオススメが、スカルプローション。

スカルプローション

洗髪後の水気をよく切った頭皮、または乾いた頭皮に容器のノズルを直接つけて、指の腹でなじませることで、頭皮と髪のタンパク質を補強するケアができてしまいます。

これからの季節にありがちな、頭皮の乾燥や髪の毛のパサつきを落ち着かせてくれるので、とても頼もしいですよね。

さらっとして、臭いも気にならないので、1日に何度も重ねつけしても、髪の毛がべとつかないのも嬉しいです。

スカルプケアにありがちな、メントールのスースーする感じもなく男性も女性も一緒に使えるので、美容室での人気商品でもあるようです。

フェイスラインに近い髪の生え際につけると、お顔のリフトアップ効果や頭のコリも癒してくれる、、かも。

 

3つ目は、BBクリーム。

BB

スカルプローションとBBクリームは、ともに、配合成分の植物エキス(保湿成分)にバイオプログラミングのテクノロジーを搭載しており、

肌に刺激になる成分は極力少ないので、敏感肌さんでも安心して使うことができます。

BBクリームは35gの容器で、ライトベージュとベージュの2色展開。

このBBクリームも、塗り重ねて使うことで、“場”の密度を高め、バイオプログラミングの効果をより強めることができます。

お昼すぎのお化粧直しに目元やこめかみに重ねつけをすると、お肌のハリがよみがえりくすんだ顔色が明るくなる効果がある、、かも?

 

 

髪や頭皮の乾燥や、加齢による髪質の改善に。ヘアケアからスキンケアまで。

1つでいろいろおいしい、バイオプログラミングを、試してみませんか?

 

投稿者: 広島皮ふ科

ご予約・ご相談はお気軽に

一般皮膚科および美容皮膚科をお探しでしたら広島皮ふ科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0587-24-1412
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから
    24時間受け付けております WEB予約はこちらから