院長ブログ

2018.07.26更新

夏になって、肌の露出が増えると、気になるこのお悩み。

 

医学的には毛孔性苔癬といったり、毛孔性角化症という症状で、

とくに思春期ころから症状が出始めます。

遺伝的な要因や肥満との関連が考えられており、

かゆみも痛みもないので、病気というよりは見た目で悩む方が多いです。

 

皮膚の構造的には、毛孔内に角栓が作られることで、周りの角層が押し上げられ、見た目にも触った感じもざらざらします。

二の腕以外には、背中やおしり、太ももに同じような症状がでることがあります。

 

とくに皮膚が乾燥していると黒く見えて目立ちますし、気にして丘疹を触っていると赤くなってニキビのように炎症を起こしたり、色素沈着を残したりするので、程度に応じて適切なケアが必要となります。

ただし、放置していても、年齢が進んで、30代に差し掛かる頃にはほとんどのケースで気にならなくなります。

 

角質ケアと保湿に処方するのが、角化症に効果のある以下の薬剤たち。

くすり

私は、さらりとした塗り心地で保湿も叶えてくれる、ケラチナミンコーワクリームを処方することが多いです。

角層は2週間くらいで生まれ変わるので、まずは2週間、こすったり引っ掻いたりしないよう、優しく塗り塗り。

頑張ってみてください。

 

それであまり効果がない場合、保険適応外ですが、ケミカルピーリングを行うといいでしょう。

当院では背中のグリコール酸ピーリングのみをメニューに載せていますが、ご相談に応じて各部位にも対応させていただきます。

 

ただ、10代や20代の若い人たちは、忙しくて定期的に通院するのも大変だったり、美容治療にお金をかけられない場合も多いですよね。

 

そんなときは、セルフケアでピーリング効果があるものをお勧めしています。

 

毛穴治療にエンビロン♪

 

ダーマラックローション(写真下右:高濃度の乳酸配合のローション。税込6,480円)とモイスチャーACEオイル(写真下左:ビタミンAとCとE配合のホホバオイル。税込8,640円)です。

 

ダーマラック

ダーマラックローションはとろみのあるローションで、毛穴のプツプツ以外に、肘や膝の黒ずみやかかとの角質をとるのにも使えます。

あと、知る人ぞ知る、ニキビ肌用のトーナーとしても定評のある商品。

エンビロンの製品を使うのに、トーナーは必ず欠かせないのですが、モイスチャートーナーよりもシークエンストーナーよりも乳酸の濃度が高いので、後につづく有効成分の浸透率が高まります。

それをこのお値段で買えるのはすごいと、常々思っています!

 

そしてモイスチャーACEオイルも、昨今流行りのオイル美容では人気が高い商品で、

伸びもよく、さらっと保湿が叶い、体はもちろんのこと、お顔にも使える高機能オイル。

配合されているビタミンAは酢酸レチノールなので、モイスチャークリーム3番を上回る強さなのに、A反応は出にくいので初エンビロンにもおすすめ、というのもイチオシの理由です。

毛穴を詰まらせないので、ニキビ治療に使ってもいいですよ。

 

この2アイテムは、エンビロン のインテンシブ(集中)シリーズ。

わたしも季節を問わず愛用しているアイテムたちです。

 

幅広く用途があるので、エンビロン を使ったことがない方もぜひどうぞ。

 

まずはボディのケアに使って、全身お肌をプルプル、ツヤツヤにしてみませんか?

 

(エンビロンはカウンセリング化粧品です。必ず取り扱い医療機関かサロンでお求めください。)

 

投稿者: 広島皮ふ科

ご予約・ご相談はお気軽に

一般皮膚科および美容皮膚科をお探しでしたら広島皮ふ科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0587-24-1412
    contact_tel_sp.jpg
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから
    24時間受け付けております WEB予約はこちらから